防波堤の海釣り
休日は手軽にちょい投げで磯釣り 初めてでも簡単で楽しいぞ!
サビキ 投げ釣り・浮き釣り ルアー 危険な魚 釣具 サイトマップ
アジ イワシ メゴチ ハゼ カレイ シロギス スズキ 釣り知識 釣果 相互リンク トップ

毒や針やトゲのある危険な魚

釣りをしていると、毒や針やとげのある危険な魚が釣れることがよくあります。うっかり触って怪我をしないよう、よく覚えておきましょう。



■ゴンズイ/ごんずい
背ビレと胸ビレに毒のトゲを持っており、夜釣りなどでうっかり触ってしまうと大変な痛みを伴うそうです。
釣れたらすぐに、ニッパーなどで、背びれと胸びれを切り取ってしまいましょう。
味噌汁に入れたら、脂がのっていて、非常に美味しかったです。ただ、ちょっと生臭さがあったので、濃い目の味噌汁にした方がいいかもしれません。




■オコゼ/おこぜ(ハオコゼ、オニオコゼなど)、ミノカサゴ/みのかさご
見るからにトゲトゲしているので、注意しなくても大丈夫かもしれませんが、背ビレなどに毒のトゲを持っています。
ハオコゼ(上)は食べませんが、オニオコゼ(真ん中)は高級魚です。

■アイゴ/あいご
ヒレ部分に、毒のトゲを持っています。
また、独特の臭いがあるので、日本では人気がありませんが、南国では人気の魚のようです。

■アカエイ/あかえい
その辺に置いておくと、間違って踏んでしまうことがあるので、海に逃がすか、はじっこの方によけておきましょう。

■フグ/ふぐ
主に、内蔵(肝臓(肝/キモ)、卵巣)に毒がありますが、筋肉や皮など、身の部分にも毒がある種類もいますので、とりあえず、釣ってしまったら、逃がしましょう。その際、歯が鋭いので、手を切らないように気をつけましょう。
青酸カリの1000倍以上の毒らしく、加熱しても消えませんので、絶対に素人が調理してはいけません。

■スズキ、アジ、サッパなどの青魚類
スズキはエラブタの上に小さなトゲがあるし、その他の魚も、ヒレなどがとがっており、パッと手に刺さったり、切ったりしやすいので、取り扱い注意です。


他にも危ない魚や毒のある魚がいっぱいいるので、写真付きの本を一冊持っていくと安心です。
お薦めの2冊をご紹介します。

釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド (釣り人のための遊遊さかなシリーズ)
特徴:海水魚・淡水魚、さらにイカ・タコも加えて1400種以上を収録。生きている魚の写真を使用し、釣魚の見分け方を徹底解説。分布解説・食味評価付き。

・魚類1415種(日本産1331種、外国産84種)とイカ・タコ30種を掲載。
・釣り上げた直後だから、魚本来の色がわかる、2000点あまりの写真が満載。
・似ている魚を一覧で並べた、探しやすく、見分けやすいレイアウト。
・属名、分布、生息場所、全長と共に見分けポイント、食味評価、毒の有無を解説。
・北海道から琉球列島まで日本全国、釣れる魚、釣り人が見ることがある魚を完全網羅。

釣魚図鑑 (実用mini books)
特徴:狙い方、釣り方から美味しい食べ方まで詳説。海・川・湖沼で狙える魚を一発判別

・魚の見分け方・釣り方・食べ方まで 細かく記載。
・全頁カラー表示で魚の特徴・見分け方を詳しく解説してある。
・コンパクトだけど識別図鑑としても内容充実。

釣り 堤防・防波堤でのお手軽ちょい投げ 休日は海に行こう
Copyright(c)2007 アイ・コンピュータサービス All Rights Reserved.
他の魚:サッパ