防波堤の海釣り
休日は手軽にちょい投げで磯釣り 初めてでも簡単で楽しいぞ!
サビキ 投げ釣り・浮き釣り ルアー 危険な魚 釣具 サイトマップ
アジ イワシ メゴチ ハゼ カレイ シロギス スズキ 釣り知識 釣果 相互リンク トップ

メゴチ/めごち

メゴチ/めごち

メゴチは、アオイソメなどの生きエサでよくかかります。海底にいるので、オモリが海底についたら、あまり上げないで放っておくといいでしょう。キス釣りなどでの外道とされますが、天ぷらにすると美味しいです。
ヌルヌルしてつかみにくいので、針を外す時に使う、メゴチバサミなんて釣り用具も売っています。

■メゴチのさばき方
1.尾から頭側に向かって包丁を入れ、背びれをそぎ取る。


2.そのまま包丁の刃を起こし、頭の後ろで中骨を断ち切る。ただし、腹側の皮はまだ切り離さずに、つなげた状態にしておく。


3.魚体を折り返して、切り離した中骨に包丁の先を当てて押さえる。


4.中骨を包丁で押さえたまま、左手で頭を持って尾側に引っ張ると、内臓と皮が一緒に取れる。


5.身と頭部、皮を分けた状態。


6.腹骨を落とす。


7.写真は中骨と身を切り離した状態を見せるために手前を向けているが、ここでは頭部側を右に向け、魚体を横にして身を骨から尾びれの手前まで切り離す。

8.魚体を裏返し、同様に身を骨から切り離す。


9.尾びれまで身を骨から切り離したら、尾びれの手前で骨を切り落とす。


10.下ごしらえ完了。この形が松葉に似ていることから、このおろし方を松葉おろしという。

釣り 堤防・防波堤でのお手軽ちょい投げ 休日は海に行こう
Copyright(c)2007 アイ・コンピュータサービス All Rights Reserved.
他の魚:サッパ